<健康経営会議実行委員会>
<NPO法人健康経営研究会>
<健康長寿産業連合会>からのご案内
「未来を築く、健康経営」
-深化した健康経営の基本的な定義を7月19日に発表-

健康経営実行委員会(委員長 斎藤 敏一)は、NPO法人健康経営研究会(理事長 岡田 邦夫)、
ならびに健康長寿産業連合会(会長 澤田 純)と、少子化が進む日本の将来を見据え、
『未来を築く、健康経営』を発表しましたのでご報告します。
なお、本定義は、健康長寿産業連合会から出された『健康経営市場の創出に向けた提言』とも関連しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『未来を築く、健康経営』は、2006年にNPO法人健康経営研究会が提唱した健康経営の定義を、
今の時代背景に沿った内容でさらに深化させ、中小企業を始め、
多くの企業が健康経営に取り組む一助とすることを目的に作成しました。

■『未来を築く、健康経営』の概要について
・これまでの健康経営は、法令遵守や安全配慮義務等の国からの要請の視点も含めて、企業のマネジメントの中で、
 自社の従業員の健康を「守る」ための戦略を第一として考えてきました。
・しかし、これからの健康経営を、より時代に合った経営戦略に進化させていくためには、
 健康経営を「人という資源を資本化し、企業が成長することで、社会の発展に寄与すること」として捉え、
 人という無形資産への戦略的投資として積極的に推進していくことが求められると考えています。
・こうした考え方に基づき、この度、日本の企業を活性化する礎となるように、
 深化版の健康経営についての考え方を取りまとめました。

詳細は、下記のNPO法人健康経営研究会ホームページをご確認ください
http://kenkokeiei.jp/whats

【参 考】
健康長寿産業連合会から出された『健康経営市場の創出に向けた提言』は、健康経営に取り組む企業と支援する
企業の質・量を拡大することで市場確立を目指すための方向性を示した内容となっています。
 
■『健康経営市場の創出に向けた提言』の概要について
健康経営に取り組む企業と支援する企業の質と量を高めるため
「健康経営に取り組む意義・目的を企業の経営戦略の観点から再考する必要があること」
「自社が必要と考えるステークホルダーに対し、積極的に情報公開する仕組みの必要性」
「取り組む企業の意義・目的や目標の公開とともに、支援する企業のサービス活用事例等を収集した情報プラットフォームの創設」を提言しています。
 
詳細は、健康長寿産業連合会ホームページをご確認ください。
https://www.well-being100.jp/news/20210719310/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<内容・ならびにサービスのお問い合せ>
株式会社ルネサンス 健康経営企画部内
丹野恒平、関野千鶴
Email:kenko-info@s-renaissance.co.jp

URLhttp://kenkokeiei.jp/whats